ここでは、「ダイアトニック・スケールから作られるコードをダイアトニック・コードと呼ぶ」というところについて掘り起こしてみます。ので、ダイアトニック・スケールがまだしっかり分かっていない人はそちらの項目に一応目を通しておくと良いかもしれません。

というわけで、まずはキーをCに統一しまして…

 

ダイアトニック・コードとは

Cメジャー・スケール(ド〜1オクターブ上のソ)

これはCメジャー・スケールですが、特にドをルートとしたものをメジャー・スケールと呼び、この音階自体を総称して「キーCメジャーにおけるダイアトニック・スケール」と呼び慣わしています。

で、ダイアトニック・コードですが、このダイアトニック・スケールの音を使って作られたコードの事を指します。

 

ダイアトニック・コード(3和音)

ダイアトニック・コード(4和音)

ダイアトニック・スケールからひとつルートを選んで、その上に一つおきに音を拾っていくと、全部で7つのコードができあがります。これら7つのコードを総称して「キーCメジャーにおけるダイアトニック・コード」と呼びます。

一つおきにというのがポイントでして、コードの堆積には原則として一つおきに重ねるというのがルールです。もちろんそうなっていないのも山ほどありますが、それはまた後でのはなし。

さて、マイナー、メジャー、7thなど…、よく使う名称ですが、それがどういう理由で決まっているのか。

 

メジャーとマイナーは3度の音が半音違うだけ

下はCとDmを音符で表したものです。

C、Dm コードの成り立ち

Cコードのルート音はC(ド)、Dmコードのルート音はD(レ)。

CではルートであるCを基準として、上にあるミの音が長3度に当たります。このときドとミの間には半音三つ分の間隔があります(鍵盤の絵を参照)。
DmではDをルートとして、ファの音は短3度にあたり、その間隔は半音二つ分です。

ルートと直上にある3度との音程差によりメジャーかマイナーかが決まります。
5度の音程はどちらも完全5度で、同じですね。

 


これはメジャーとマイナーを同じCをルートとして記載したもの。3度であるミの音が半音違うだけ。右側にギターの指板図も付けましたが、日頃たくさん押さえて弾いているコードも、分解するとたった3音で事足りるということです。

ちなみに、上の「ダイアトニックコード(3和音)」の図を見てもらうと、3和音はメジャー、マイナー、マイナー♭5(-5はフラット5の意味で、そのまま♭5と表記することも多いです)の三種。マイナー♭5はBm-5のみですが、これは普通のマイナーコードの5度の音が半音下がっています。

 

セブンスコードはメジャーコードに短7度を追加する

さて、3和音は3度と5度だけがポイントになってきますが、4和音になると、その上に7番目の音、7thがくっついてきます。7thはルートから数えて7番目の音で、キーをCにするとシの音。7thにもそれぞれM7th(長7度)、m7th(短7度)のふたつがあり、それぞれキーをCにするとシ、シ♭です。

7thを含めたコードの成り立ちですが、けっこう特徴的です。

C + m7th = C7
Cm + m7th = Cm7
C + M7th = Cmaj7

Cm-5 + m7th = Cm7-5

Cm + M7th = CmM7

m7thを追加したときに●7
M7thを追加したときに●maj7(●M7)

7としか書いてない時には一番上の7thの音はm7thということです。

ゆえに一番下に書いている、CmにM7thがくっついたものは、CmM7(Cマイナーメジャー7)などという、明るいのか暗いのかよくわからない名称になってしまいますが、基本はCmであり、これにM7thが追加されているわけです。

 

4和音コードの構成音、指板図

4和音は大きめに指板図を作ってみました。一応6弦にルートを書いていますが、この形のまま5弦に移しても大丈夫です。

ところで、一番上の「ダイアトニック・コード(4和音)」の図を見てもらうと、●mM7はありません。このコードはダイアトニック・スケールからは導き出されないので、ダイアトニック・コードの仲間には入りません。

 

コード・プログレッション(進行)上における表記

最初にダイアトニック・コードの3和音と4和音を両方書いていますが、この手の説明や楽曲分析に使われるのは4和音が主流です。各コードの働きや響きが見えやすいのがその理由のようです。なので、通常ダイアトニック・コードと言うと、4和音を指すことがほとんどです。

また、そのキーのトニック(上の例ではC)をローマ数字で I と表記し、その上で Imaj7、IIm7、V7 などと表記するやり方は、転調を気にせず書ける、各コードの働きが見えやすい、などの理由で、特に分析や解説の際に多用されます。キーがCメジャーの例では、Imaj7=Cmaj7、IIm7=Dm7、V7=G7となりますが、キーが変わるとコードも変わってきます。ややこしいキーになるとなかなか判別が難しいですが、よく登場するので、読み飛ばさずに考えながら読んで慣れていくといいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です