第3回はダイアトニック・スケールについての話です。この言葉は色んなところで登場するので、知ってる人も多いんじゃないでしょうか。

さきほど出てきた度数の表をもう一度出してきます。キーはさっきと同じくCで統一してます。

 

メジャー・スケールの音の並びをおぼえる

Cメジャー・スケール (C major scale)

これがCメジャースケール。
ここではCが1度(→ルート音)となります。

さて、上に音の間隔を書いていますが、メジャースケールというのはある特定の音を ルート(完全1度)と見なしたときに、そこから 全・全・半・全・全・全・半 という間隔をもって並んだ音の集合体であるわけです。この間隔さえそのまま保てば、ルート音をどこにおいても○○メジャースケールという名前になり、響きとしてドレミファ…と同じ音列の響きを得ることができます。

前回でも少し話に出したEメジャー・スケールならこうなります。

Eメジャー・スケール (E major scale)

同じ幅を保つために4カ所に#がついてますが、幅が一緒なので、ミからドレミファ…を始めるような感覚になります。絶対音感のある人はドレミファには聞こえませんが、響きが同じというところを理解してください。

 

マイナー・スケールとメジャー・スケールの関係性

Cマイナー・スケール (C minor scale)

マイナースケールとはある特定の音をルートとみなし、そこから 全・半・全・全・半・全・全 という流れで並んだ音の集合体です。

これはメジャー・スケールを第六音から始めたものと一致します。ここが最大のポイントです。

構成音的にはCを第一音とするならば、A(ラ)が第六音。そこからラ・シ・ド・レ・ミ・ファ・ソと並べると、その音の間隔が 全・半・全・全・半・全・全 となり、マイナー・スケールの音の並びと一致します。

 

つまり、メジャー・スケールの第六音にあたるM6th(長6度)からP5th(完全5度)までの音を並べたものが、マイナー・スケールとなります。

Aマイナー・スケール (A minor scale)

音どうしの間隔はCマイナー・スケールと一緒です。上に書いている通り、Cメジャー・スケールをラから始めることで、結果的にマイナー・スケールの音の並びになります。赤字の方はAをルートとした場合の度数表記です。

 

ダイアトニックス・スケールとは

結局ダイアトニック・スケールというのが何なのか、という話ですが、これはここまでの内容をまとめての呼び名のことです。

つまりCを基準に全・全・半・全・全・全・半とならんだ音階そのものをダイアトニック・スケールと呼び、その中に含まれるメジャー、マイナー、その他教会旋法的な音階も含めて「キーがCメジャーにおけるダイアトニック・スケール」という風に総称します。

どこから始めるという発想自体が無いのですが、トニックとして基準を一つ置いておく必要があるので「キーCメジャーにおける…」という呼び方はそれを考えてのことです。

ダイアトニック・スケールは各キーに応じて存在するので、全部で12個あります。ここから作られるコードをダイアトニック・コードと呼びます。

このような理論的な話をまとめ上げた、ギタリストのための理論本を作りました。PCはもちろん、iOS、AndroidのKindleアプリで読めますので、理論的なところを掘り下げたい方はぜひご一読下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です