コードの基本的な作り方を説明したので、ここからギターの指板で応用出来るようにしてみます。

コードフォームにおける度数の位置は?

3和音なら音が三つ。4和音なら四つ。コードは基本的にはこれだけで出来上がるので、ピアニストなんかはそうやって必要な音だけを選んで弾きます。

が、ギターの場合はストロークやカッティングとかすることで最大で6弦全てを鳴らす場合も多いので、特定の押さえ方を決めて、不必要な音がないようにします。

 

これは6弦あるいは5弦をルートとしたとき、3度、5度、7度がどこに位置しているかの表です。見にくいことこの上ないですね。でも、結構重要な表です。せめてもの抵抗に、ルートが黒、3度が緑、5度が青、7度が赤、という表記にしていますが、目がチカチカしますね。

 

基本形バレーコードと度数

これはギターでよく使うバレーコードに度数を付けたものです。たくさん押さえていますが、ルートや5度が重なってるので、鳴ってる音は実質3つか4つです。ちなみにこのバレーコードの形を覚えていない人は、最低限ここにある10種類の形と5,6弦のルートの位置だけは覚えてから出直してきましょう。

上二つが3和音、下三つが4和音です。色んな覚え方があると思いますが、僕自身は一番上のメジャーコードを6弦から 1-5-1-3-5-1 と覚えて、そこから変化させて理解していたので、この表もその通りにしています。

 

一番上のメジャーコードを基準として、変化した音だけを赤で記載しています。M3を半音下げるとマイナーに。真ん中にあるR(ルート)を半音下げるとM7になり、全音下げるとm7に。これによってセブンスの音が追加されて、3和音コードが4和音になります。

maj7の6弦ルートは小窓に書いてる押さえ方にすることが多いです。このとき1弦と5弦はしっかりミュート。

ちなみにこの中には4和音のダイアトニック・コードが一種類ぬけています。m7-5(マイナーセブンフラットファイブ)です。これはバレーコードでは押さえられない音の配置になり、かなり特異な押さえ方をします。

普通のロックやポップスではあまり登場しないコードですが、少しおしゃれなポップスやジャズ系の曲では頻繁に見かけます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です