ドレミファ…が、メジャー・スケール。ラシドレ…はマイナー・スケール。
ペンタトニック・スケールはそこから音を抜いて1オクターブ5音にしてしまったものですが、またまた1オクターブ7音の世界に戻ります。

教会旋法の話は、一度首を突っ込んで、すぐに退散してしまう人が多いのですが、それはなぜでしょう。恐らくドレミファ…の始まる場所を変えると名前が変わる、という説明に終止してしまうからだと思います。これは到底実践的ではないので、ここでは少し突っ込んで話をしてみます。

まず、大体の理論の本に書いてあるこの話。

 

教会旋法(チャーチ・モード)とは

ドからシまで、各音を基準とした7つのスケールが存在します。キーをCと見なしたときの度数もカッコ内に記載してます。

ド(root)=アイオニアン・スケール(メジャー・スケール)

レ(2nd)=ドリアン・スケール

ミ(M3rd)=フリジアン・スケール

ファ(P4th)=リディアン・スケール

ソ(5th)=ミクソリディアン・スケール

ラ(M6th)=エオリアン・スケール(マイナー・スケール)

シ(M7th)=ロクリアン・スケール

スケールというか、モードと呼んだ方がいいかもしれませんが、総称して「教会旋法 (チャーチ・モード)」と呼びます。イオニアとかドーリアとか、場所とか民族の名前が用いられてるようですね。

Cメジャー・スケールをラから始めるとAマイナー・スケールになりますが、ラからだけでなく、レから始めると…あるいはソから始めると…?という発想です。ちなみに、アイオニアンとエオリアンは、メジャー・スケール、マイナー・スケールのチャーチモードにおいての別称ですね。

 

教会旋法とダイアトニック・スケール

ダイアトニックの世界では、1オクターブが7つの音から成るので、教会旋法でのモードもぜんぶで7つ出来上がるわけです。この7つの音を一組にまとめてダイアトニック・スケールと呼ぶので、ダイアトニック・スケールという概念はこの教会旋法の音列を全てひっくるめたものです。

ちなみに、この音列がひとつでも崩れると、それはダイアトニックではなくなります。たとえば、ソだけが半音上にあがって”ド・レ・ミ・ファ・ソ#・ラ・ シ”となったりしたら、その7つの音はすでにダイアトニック・スケールとは呼びません。

ちなみにソが半音上がった上記の音階をラから始めると「ハーモニック・マイナー・スケール」になります。イングヴェイが得意とするアレですね。理論的にみると、ハーモニック・マイナー・スケールにはダイアトニック・スケールから外れた音が一つあるということです。

教会旋法は7つもあるので、何せ覚えにくい代物ですが、全部覚えようという方は、上から「アドフリミエロ」と唱えてください。いつの間にか頭にはいってるはずです。

 

チャーチモード中のマイナーな奴等とメジャーな奴等

別に有名無名ってわけではなく、響きが暗い連中と明るい連中がいるという話。

メジャー・スケール、マイナー・スケールというと、それ自体でスケールの名になりますが、コードにもCメジャーとCマイナーがあります。そもそもメジャーは長調(明るい)、マイナーは短調(暗い)という意味があります。チャーチ・モード7種の中にもそれぞれ明るいものと暗いものに分けることが出来ます。ポイントはルートと3度の音の関係。3度の音が長3度(M3rd)なのか、短3度(m3rd)なのかによって明暗分かれます。コードと同じですね。

さらに、各音列の主音をルートとして作られる4和音コードを一緒に書いてます。これがモード奏法に発展させる際に超重要になります。

 

メジャー系(3度がメジャー)

・アイオニアン(Cmaj7)

・リディアン(Fmaj7)

・ミクソリディアン(G7)

上の三つをみてもらうとわかるとおり、全て3度の音は長3度になってます。これが長調に聞こえさせるポイント。ちなみに赤字は普通のメジャースケール(アイオニアン)とは違う音。これを強調して演奏することで、普通のメジャースケールにはない、ちょっと違う響きを強く押し出すことができます。ミクソリディアンは7つ目の音が短7度になるので、ドミナント7th向け。

 

マイナー系(3度がマイナー)

・ドリアン(Dm7)

・フリジアン(Em7)

・エオリアン(Am7)

・ロクリアン(Bm7-5)

お次は短調。3度がマイナーという部分が共通します。エオリアンが普通のマイナー・スケールですが、これと違う音だけ赤字で書いてます。なかでもドリアンについては僕が個人的に大好きで、非常によく使う音列。ロクリアンのみマイナー・スケールと異なる音がふたつ。dim5は減5度ですが、-5とか♭5とか書くのがより一般的です。

上の3つからなる4和音コードは普通のマイナー7thですが、ロクリアンは5度がフラットしているので、m7-5になります。使い処がもっとも難しいモードの一つ。

 

教室バナー
新大阪駅、西中島南方駅から徒歩圏内。僕の運営するギター教室です。
このような理論的内容は勿論、基礎からハイテクニック、実際のアドリブ等まで幅広く対応します。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です