コード編の最終章はテンションコードです。

テンションコードとはテンション(緊張)という語からもわかるように、4和音コードのさらに上に音を重ねることによって、緊張感を増した響きを作り出したものです。

 

“テンション”の意味とコードネームについて

キーCメジャーの場合、テンションは上のようになってます。

テンションには9th、11th、13thのみが使われ、9thのみ#も♭も存在します。11thの半音下はM3rdと同じ、13thの半音上はm7thとおなじなので、重ねる意味が無くなるためです。また、♭や#のついたテンションを特にオルタード・テンションと呼び、マイナーII-Vの進行や、メジャーキーのIII7の部分で欠かせないテンションです。

この辺のコード進行に及んだ話はまたそのうち書こうと思いますが、わからなければそのまま読み飛ばしておいてください。

 

コードネーム表記について

原則として4和音の上にテンションを重ねたときに、そのテンションのみをカッコの中に表記します。上のD7(13)はD7の上に13thが乗っかっているという意味で、(b13)であれば、b13thが乗っかっている事を指します。

ただし、音がルートからつながって配置されている時は、カッコを付けない場合もあります。右のほうはルートからトップの9thまで「1-3-5-7-9」と隙間無くつながっているので、M9という表記でも大丈夫です。譜面によってはDM7(9)となっている時もあります。

 

E7(9)=E9
root – M3 – 5 – m7 – 9

Em7(9)=Em9
root – m3 – 5 – m7 – 9

Em7(9,11)=Em11(あまり見ない表記です)
root – m3 – 5 – m7 – 9 – 11

※オルタード・テンションの場合はつながった書き方はしない
E7(b9)
root – M3 – 5 – m7 – b9

E7(b13)
root – M3 – 5 – m7 – b13

 

3和音の上にテンションが乗っかっている場合も同じ書き方をしますが、
C(9)
root – M3 – 5 – 9
この場合 Cadd9 と書く方が多いです。カッコにはaddの意味合いがあります。Cadd9みたいに3和音+テンションというパターンの場合、一応テンションは使われてますが、テンションコードと呼ぶかどうか微妙なところです。

 

ギターの指板で

ギタリストの場合、コードの構成音を知っても、それを指板の上で活かす作業が必要になってきます。テンションコードは音数が増えるので、基本的に5thを削る押さえ方がほとんどで、ルートと3度と7度を低音弦側よりに押さえて、テンションを1弦や2弦上に配置するのが主流です。

maj7コード

5弦ルートの場合、5thを削る事がほとんどです。6弦ルートの時の9thは音域がひとつだけ飛び抜けて高いので、あまり使われない印象ですが、個人的にあまり使ってないだけかも。#11は4thの音が半音上がっていることになるので、IVmaj7の時にまれに使われます。

m7コード

5弦ルート6弦ルートともに、メジャー7thコードの7度と3度を半音下げたものですが、特に5弦ルートの9thはギターの常套コードです。m7(9)、m9とか表記した場合、真っ先にこの形が頭に浮かぶほどポピュラー。11thはm7(11)という形を取ることが多いですが、独特のかっこいい響きがあります。

7コード

7thコードは使えるテンションが多いので(書いてあるテンションほぼすべて)6弦ルート、5弦ルートともに5thを完全に省くのが多いです。1 – M3 – m7 を上3本で押さえて、下の方の弦でテンションをカバー。9thと13thを覚えれば、あとは半音上げたり下げたりすると、♭や#に対応できます。この辺の詳しい話は次回で。

ちなみに、6弦ルートの9thですが、このようにルートを省いて押さえることも多々あります。ベースがちゃんといること前提のボイシングになりますね。弾き語りなんかでやると、ルートの音がどこにもなくなってしまうので、おすすめできません。

69コード

69は6(9)とも表記しますが、6thコード自体がmaj7と同じ立ち位置で使える(コードフォームと度数(2)参照。)ので、maj7系のテンションコードとして位置づけられています。ボサノヴァの定番コードでもあり、4度堆積になっているがゆえの、前衛的な響きが好まれて使われることもあります。初期ビートルズでよく使われたコードとしても有名です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です