演奏で実践してみる

この下のコード進行でCメジャー・スケールを弾いたとします。

| C | Am | Dm | G7
| Fmaj7 | Em | Dm7 | Dm7/G

3小節目のDmのところですが、普通はずっとCメジャー・スケールを弾いているつもりでしょう。でもそのコードの主音であるDから見ると、Dドリアンに見えてきますね。なんせどちらも同じ音列なんだから、視点をどこにするかで名前が変わるだけのことです。Fmaj7の上ではFリディアン、最後のDm7/GではGミクソリディアンに見えます。

結局は全部Cメジャー・スケールです。

 

というところで、こんなコード進行ではどうでしょう。

| Am7 | | |
| Dm7 | | |

上の段ではAm7が続きます。下の段ではDm7。

両方Cメジャーのキーに登場するコードなので、Cメジャー・スケール(Aマイナー・スケールという方が正しいでしょうが)一発で進めても問題ないです。その場合…

Am7ではAエオリアン
Dm7ではDドリアン

を弾いてることと同じになります。どちらもCメジャー・スケールと同じです。

 

ここで、解釈をがらっと変えて、逆転させてみます。

Am7でAドリアン
Dm7でDエオリアン

を弾くとどうなるでしょう。

前回の最後の方で述べてますが、ドリアンもエオリアンもマイナーの仲間なので、m7というコードに載せる限り、合います。(ロクリアンだけは合いませんが)

Aドリアンということは、Gメジャー・スケール(Gメジャーの二つ目、Aからスタートした音列)
Dエオリアンということは、Fメジャー・スケール(Dエオリアン=Dマイナー。Fメジャーの6つ目、Dからスタート)

ということで、Am7の上でGメジャー・スケールを弾き、Dm7の上でFメジャー・スケールを弾くと、Aドリアン、Dエオリアンを弾いていることになります。厳密に言うと、転調しているわけです。実際にはしているというより、弾き手の解釈により、”させている”という方が正確です。

 

m7コードであれば、ドリアン、エオリアン、フリジアンの3つが選択肢に入ってくるので、Am7とDm7…2つのm7コードをどう捉えるのか、それがモード奏法のやり方であり、醍醐味でもあります。フリジアン×2などという凄まじい響きでも、本人や聴き手が良しとすればありです。

 

最後に、メジャーを見ておきましょう。

| Fmaj7 | | |
| Bbmaj7 | | |

どちらもキーFメジャーに登場するコードなので、Fメジャー・スケールを弾き続けると、スムーズにはまります。この場合、Fアイオニアン→Bbリディアン と弾いているということができます。実態はもちろん単なるFメジャー・スケールの一発。

両方をリディアンで弾くと

Fリディアン(Cメジャーの第4音)
Bbリディアン(Fメジャーの第4音)

となり、キーが途中で変わっているような、少し宙に浮いた雰囲気のソロを取ることができます。

 

という風に、教会旋法をつかったモード奏法が生きるのは、コード進行がしっかりと作られていない、ワンコードやツーコードぐらいの時に限られます。

もともとマイルス・ディヴィスが既存のコード進行に縛られるのを嫌って生み出した方法論なので、はっきりとしたコード進行が想定されていないのは当然といえば当然です。MilestoneやSo Whatといった、マイルスがモード奏法のために書き残したナンバーは、いずれもコード進行自体がほとんど存在しません。

 

モード奏法はジャズ・ロックの世界ではかなり広めに喧伝されてるやり方ですが、実際に操るのはかなり難しいです。ギタリストと相性が一番いいと思われるドリアン・モードを利用したモード奏法の講座を、「ギターアドリブ講座」で展開してますので、興味がある方は覗いていってみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です