オルタード・テンション

テンション・コードに使えるテンションは9th,11th,13thの3種がありますが、

9th = 2nd
11th = 4th
13th = 6th

これが成り立ちます。

オルタード・テンションというのはその3種の音に臨時記号が付いたもので、b9th、#9th、b13th、#11thがあります。この中でも#11thを除けば、7thコード専用のテンションといってしまっていいと思います。

また、オルタード・テンションコードが使われる7thコードのケースとして、普通のドミナント7thであるV7(キーCでいうところのG7)よりも、IIIm7が変化してのIII7(キーCの場合のE7)の上であることが多いです。


これはE7のコードトーンとテンションを音符で配置したものですが、9thだけ#が付いてるのがわかると思います。キーCの中で考えた場合、この#のついている9thだけ、スケールの音から著しく外れた響きになってしまうので、合わないわけです。省略してますが、13thでも同じ事が起こります。それゆえ、スケールの音に合致するb9thや#9thを使うのです。

これが普通のV7になると、b9thや#9thの方がスケールから外れてしまうのですが、III7だけは逆に普通の9thが外れてしまいます。それ故、オルタード・テンションが使われるケースとしてIII7は一番多いパターンです。

ちなみに、IIIm7がIII7に変化しているパターンは、普通のメジャーキーの曲でもかなり多いコードアレンジですが、上の音符のところでわかるように、ソが#してます。これはメジャー・スケールでは第5音にあたりますが、ラを主音とするマイナー・スケールでは第7音にあたります。マイナー・スケールの第7音のみ半音上げたものを「ハーモニック・マイナー・スケール」と呼び、ジャズ的アプローチを取る際に、7thらしさを強く押し出すために多用します。また、イングヴェイがもの凄い速さで弾いてるので、速弾き派にはなくてはならないスケールです。IIIm7がIII7になることによって、一時的にハーモニック・マイナー・スケールの響きを借りているということになります。

 

テンション・コードを使ったアレンジ

実践編はとりあえずテンション・コードを弾いていくことに重点を置き、リハーモナイズ(メロディに合わせてコード進行自体を完全に書き換える)には触れてません。

1.Imaj7 – VIm7 – IIm7 – V7 …定番の進行

| C | Am | Dm | G7

| Cmaj9 | Am7 | Dm7(9) | G7(13)
Cmaj7(9)
Am7
Dm7(9)
G7(13)

イチロクニーゴーと呼ばれる定番の進行。上のコード進行を下のようにアレンジできます。ポイントは最後の2小節での Dm7(9) → G7(13)。2弦5fのミの音が鳴りっぱなしになっているのが特徴です。

※1周目が上のコード進行、2周目がテンション混じりのコード進行。

 

2.Imaj7 – IVmaj7 – Imaj7 – IVmaj7 – IIm7 – V7 …IとIVを繰り返す進行

| Cmaj7 | Fmaj7 | Cmaj7 | Fmaj7
| Dm7 | | G7 |

| C69 | F69 | C69 | F69
| Dm7(11) | | G7 |
C69
F69
Dm7(11)
G7

69は6弦ルートのコードと5弦ルートのコードで、ルートを変えるだけで同じ形になるという便利なコードです。最後のG7はDm7(11)の11thの音を鳴らし続けるために、オープンコードのC7のような形を敢えて使っています。

 

3.IVmaj7 -III7 – VIm7 – II7 – IIm7 – V7 – Imaj7 …Isn’t She Lovely風コード進行

| Fmaj7 | E7 | Am7 | D7
| Dm7 | G7 | Cmaj7 |

| Fmaj7 | E7(#9) E7(b9) | Am7 | D7(9)
| Dm7(9) | G7(b13) | Cmaj7(9) |
E7(#9)
E7(b9)
D7(9)
G7(b13)

スティーヴィー・ワンダーの有名曲風味のコード進行。III7はオルタードテンションが基本なので、#9→b9と動きを作っています。逆にII7は普通の9thしかはまらないので、定番の7(9)。Dm7(9)に移るには人差し指で押さえている3度を半音うごかすだけ。最後の進行は1番と同じではなく、2弦の音が半音ずつ降りていくようになっています。


One thought on “6.オルタード・テンションについて、テンション・コード実践編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です