ピアノソロをギターで弾いてみる・ビートルズ「In My Life」編

By | 2013年5月22日

さて、先日のオルガンソロに続きまして、今回はピアノソロです。ビートルズはジョン・レノンが書いた名曲「In My Life」より。曲も歌詞も素晴らしい、ビートルズ中期を代表する名曲ですが、有名なピアノソロが入ってます。

 


中期の名作。有名曲も多いし、あんまり知らない人はこの辺りから聴くのもいいんじゃないでしょうか。

 

ジョージ・マーティンが弾いたものを早回ししたらしいこのソロは、和音とかがないので、ギターでも比較的再現しやすいです。ただ、2本は確実に必要です。難易度は上がりますが、がんばってクリーントーンで挑戦してみて下さい。

「In My Life」ピアノソロ風味の譜面です。

inmylife-piano

さて、譜面は二段譜。上段が右手、下段が左手用。ギターでは2本に分けなければ到底弾けません。

 

<上段>
所々出てくる半拍3連や、32分音符を、ハンマリング、プリングを駆使して、出来るだけハキハキと鳴らしていきましょう。2段目のペダル奏法がバロック音楽的風味を感じますが、言うまでもなくイングヴェイが多用するパターンなので、あれを練習してる人なら余裕でしょう。
左の小節から、14f小指、12f中指、10f人差し指。右の小節が、12f小指、10f中指、9f小指、が僕のやり方。
ですが、それで統一すると、3連(普通はレガート)を人差し指以外の指でやらなくてはいけなくなるので、3連だけうまくやりやすい指づかいにしても可。

一番下の32分音符が最後の難関でして、全部プリングがベター。フルピッキングしても良いですが、難易度が格段に上がるうえ、原曲の軽やかさも失われるので、レガートでいく方が雰囲気的にも良いと思います。

<下段>
途中まで簡単なんですが、2段目の難易度は上段のそれを越えます。
1箇所出てくる4弦9fは3弦4fでやってもいいですが、9fの方が綺麗に音が出そうな感じがします。あくまで僕の場合は。3拍目頭の5弦5fは省略しても良いかも。
右の小節の後半がかなり難しいです。9f小指、6f人差し指ですが、最後の半拍で弦が入れ替わる感じがあるので、慣れる必要があります。この後にもう一度頭に戻るので、頭に戻ったあとの4弦7fを忘れないように。

 

というわけで、前のオルガンほどではないですが、なかなかの難易度です。ギターが二人いるならば、分けてやってみると面白いかもしれません。低い方の下段をやる人が、小節の最初の音をルート音に変えることで、ギターデュオでも良い感じになります。

ちなみにソロギターでアレンジしようとしましたが、やはり2段目で断念しました…。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です