Laneyアンプヘッド “IRT-STUDIO” 録音テスト

By | 2013年10月10日

先日PODの新型と大いに迷って、購入に踏み切ったレイニーのアンプヘッド「IRONHEART IRT-STUDIO」。レイニーが2010年代に発表した野心的な製品。

P1000362

 

さてさて、このアンプヘッド、かなり機能的に多くを備えていまして、

・キャビネットエミュレーターを搭載し、直接繋いでの録音が可能
・スピーカーアウトに何も挿さずに電源を入れられるよう、ダミーロードを搭載
・USB端子を使い、オーディオインターフェースとして利用
・USB端子を使い、信号を逆行させてリアンプが可能
・15Wと1Wの2種類のインプット

二つ目の機能は、かなりラインレコーディングを意識していることを感じさせます。もちろんスピーカーアウトから手頃なキャビネットに繋ぐことで、チューブアンプとしてご機嫌なサウンドを奏でることができまして、さらに1Wの低出力も搭載することで、日本の住宅事情でもかなり使いやすい音量で鳴らすことができます。

リアンプというのは、はじめに一切アンプを通さずエレキギターのみの微弱な信号で録音しておいてそれを後からアンプに通すこと。いわばレコーディングされたテイクに対する後掛けのアンプ通しなわけですが、ソフトウェアとしてAmplitubeとかGuitar Rigとかが台頭して随分経ちますので、ハードのアンプヘッドにそれを搭載することは、新製品を発売する上での当然な目玉機能だったのかもしれませんね。

さてさて、音源ですが、D.I.アウトから直接キャビネットエミュを通して直接オーディオI/Oにぶち込んで録音しています。前述のリアンプは個人的にそんなに好きではないので、使っていません。とはいえ、Amplitubeは使うこともありますけどね。あの音色の柔軟さは何とも捨てがたい!

 

音色の特性は中高域に粘りがあり、じつに気持ちの良いサウンドがします。最初にこのアンプを弾いたときの感想が「あまり歪まない」というもので、僕の手持ちのギターがまずハイゲインに不向きなのと、レイニーというブランドのアンプがよく歪むという先入観によるものでもありました。とはいえ、Pre-boostをかけるとかなりゲインはあがります。高音がジャリッとし出すので、わりとハムバッカー向けの歪みかも。

動画の途中のクランチの部分や、ラストでよく聞こえるアルペジオのクリーントーンなど、シングルコイルでのレンジの広いジャキッとした音はかなり良い感じです。

問題のキャビネットエミュレーターは思っていた以上の出来で、これ単体でレコーディングしてもかなりかっこいいサウンドに仕上がる逸品となっています。音色的にもマイク録音にかなり近い自然な出来。キャビシミュの後掛けもいろいろためしましたが、そのままが一番良かったです。あとは聴いて判断してくださいというところでしょうか。

 

LANEY IRT-STUDIO サウンドハウス

現在、サウンドハウスはレイニーの正規輸入代理店となっています。

 

このアンプヘッドは日本ではほとんど売ってないのもあって、あまり動画や音源のサンプルがありません。海外のYouTube動画はヘヴィなリフを延々弾いてるだけみたいな、あんまりアテにならない動画が多かったので、作ってみた次第です。

ところで、この曲オリジナルなんですが、だいぶ後になって再録しました。

Bandcampで、販売をしてますので、もし良かったら見ていってくださいね。

 


5 thoughts on “Laneyアンプヘッド “IRT-STUDIO” 録音テスト

  1. ty-momose

    はじめまして。Laney IRT studioについて調べている中で本HPに行き着きコメントさせて頂いております。

    音源も聴きましたが、とてもかっこよく正直驚いております。現在IRTの購入も検討しているのですが、何点か
    お聞きしたいことがあり、もし可能であればお返事・ご意見頂けるとありがたいです。

    1.このアンプをスピーカーキャビネット接続せずに使用した場合、発熱はどの程度でしょうか?天面が触れない
      ほど熱くなるでしょうか?
    2.この音源ではアンプ以外ではエフェクトはかけてないでしょうか?PC上でも録音時に何もかけずに行っているのでしょうか?
    3.ノイズ問題がネット情報では散見されますが、如何でしょうか?ハムノイズやクリックノイズ等
    4.このアンプはヘッドフォン接続した場合、ボリューム調整はどこで行うのでしょうか?またその際に音質はアップされている音源と
     変わらない品質でしょうか?

    以上、長文となってしまい申し訳ありません。アップされていた動画音源に感動した次第で、ぜひご返信ご意見の程、宜しくお願い致します。

  2. まーかー Post author

    こんにちは

    こんにちは、ご訪問ありがとうございます。
    以下、使った上での印象でお答えします。

    1.とくに発熱が酷いとは感じません。上に何か乗せたりしなければ大丈夫じゃないでしょうか。

    2.録り終わった後に若干のEQとコンプは掛けています。そのまま使うとやや固すぎる印象です。

    3.あまり感じたことはないですが…、ゲインを最大まで上げるとノイズというよりシャリシャリした感じになります。シングルコイルだと顕著。

    4.ヘッドホンは挿したことがないので、音質についてはなんとも言えませんが、ボリュームは普通に前面のマスターだと思います。

    個人的には値段のわりには相当強力なツールだと思います。真空管アンプのもつ存在感は良い感じで出ていると思いますが、EQの特性がかなり高域寄りなので、適当にハイゲインで使うと昔のメタルのような固い音になります。この辺は好みが分かれるかも知れませんね。クリーン、クランチは絶品ですよ。

  3. ty-momose

    まーかーさん
    レスポンスが遅くなってしまい申し訳ありませんでした。

    発熱の件は、ダミーロード使用時でもそんなに問題が無いようで安心しました。ヘッドフォンはあまり使われないということで
    したが、もしお試しになる機会があった時はぜひレビューを掲載して頂けるとうれしいです。

    パワーアンプをかなり上げた艶のあるクリーンやクランチが好みの音色なのでとても気になる機種ですが、なかなか不明な点があったので
    使用感を教えて頂いて非常に参考になりました。本当にありがとうございました。これからもブログ楽しみに拝見させていただきます!

  4. まーかー Post author

    追記

    今朝少し時間があったので引っ張り出してヘッドホンを挿してみましたが、裏側のジャック隣にヘッドホン用のボリュームがありました。マスターで音質を調整して、ヘッドホン用ボリュームで出音も調整できるようです。音質はほぼ変わらない印象でした。

  5. ty-momose

    まーかーさん

    早速のレビューありがとうございます!調整もついていて、音質もほぼ変わらないとなると、もう購入しかないかなと
    考えてます!
    詳しい説明本当にありがとうございました!!これからも楽しみに拝見させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です