Amplitubeでカッコいいリードサウンドを作る

By | 2014年6月2日

ソフトウェアのギターアンプシミュレーターの雄と言えば、Native Instrumentの「Guitar Rig」か、このIK Multimedia「Amplitube」かのどちらかだと思うんですが、僕も練習用としてAmplitubeをけっこう愛用してます。カラオケ音源をいくつかインサートしておいて、それを流しながら練習ってことが多いです。

ソフトウェアのアンシミュって音の出来はいいんですが、どうにもハイゲインが苦手な気がしますね。ハードロックな歪んだギタートーンを出すのには、みんなが色々考えてると思いますが、僕自身のやり方を紹介してみます。

01
まず、シグナルフローですが、2番にします。mono inからギターの信号が2系統に分かれて、別々のセッティングのアンプを2台通るやつです。

 

チャンネルA(上段)

 

02
03
アンプはMetal Lead Wを選択。RandallのWarheadというメタルメタルなアンプのモデリング。ぶっとい音が欲しかったので。僕はあまりモデリングの元の音は気にしません。好みによってはマーシャルなんかでも良いと思います。

インサートにはオーバードライブを挿します。Overscreamという名前、緑という色からしてTube Screamer感まるだし。

04
キャビネットとマイキング。ほとんどいじらずそのままにしてます。

05
最後のラックエフェクト。パライコで高域を少しブーストし、Tube Compressorでゲインを少しだけあげて滑らかにします。

 

チャンネルB(下段)

 

06
クリーンのアンプを選択。上の歪んだ音に少し混ぜることで音の芯を残すことが狙いです。

07
08
マイキングとキャビネットはほぼいじらず。

ディレイとリバーブはこっちのラックで掛けています。クリーン部分だけをディレイで飛ばし、歪んだ音はそのまま鳴っているので、音像がぼやけません。あまり音量を上げると、混ざりが変なことになるので、こちら側のボリュームはあくまで少し聞こえるだけ。でも、残響成分はある程度しっかり聞こえる、という辺りを狙います。

 

というわけで出来上がったので聴いてみます。スペシャルサンクス to ドリーム・シアター。

上の方のシグナル。歪んだ音のメインの音です。

下の方。残響ばかりが聞こえるのがわかります。

で、足してみるとこんな感じ。クリーンの音を足したことで高域成分もやや伸びています。

 

カラオケの音量を適正に。ディレイはライヴとかだと少し足りないですが、練習用なのでこのぐらいが丁度いいです。

 

こんな感じで模索しながら作っていますが、そこそこ満足いく音にはなってきています。まだ追い込んでいけばいいやり方があるかもしれないので、思いついたらまたこのブログで報告します。

最後に、ノイズサプレッサーの設定ですが、個人的には繊細な演奏の時に音がぶつぶつ切れるので、使いません。うるさいのはソフトウェアのアンシミュの最大の欠点の1つだと思いますが、いまのところ我慢するしかないですね。
ギターのボリュームを絞ったときに、質感ごとまるまる変わってしまうのも大きな欠点ですが、これもいまのところ我慢するしか無いというところです。

上記のような大きな欠点がまだあるとは言え、何せ便利なソフトウェア・アンプシミュレーター。音色作りに困ってしまった方はこの方法一度お試しあれ。



2 thoughts on “Amplitubeでカッコいいリードサウンドを作る

  1. スウェーデン

    参考にさせていただきました。
    おかげでぐっと理想の音に近づきました。

    こんな感じの音を作るには何かいい方法ありますか?
    https://www.youtube.com/watch?v=W1YXIdfwX9U
    お時間のあるときで構わないので宜しくお願いいたします。

  2. まーかー Post author

    訪問ありがとうございます。

    デスメタル系はほぼ聴かないのでよくわからないのですが、よく歪むアンプをさらに歪み系ストンプでブーストして、EQで中域を削ると似たような感じになるんじゃないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です