【コーヒー屋探訪】大阪・谷町六丁目「自家焙煎コーヒーくまきち」

By | 2015年1月21日

地下鉄は谷町六丁目を降りて、玉造の方向に歩いていく途中、こだわりの自家焙煎珈琲の店があります。

外観。電柱がなかなかに邪魔

外観。電柱がなかなかに邪魔

「くまきち」というなかなかチャーミングな名前ながらも、内部は本気のコーヒー屋であり、地元住民の憩いの場となっています。

内装。茶と赤を基調としたすっきりした雰囲気でした

内装。茶と赤を基調としたすっきりした雰囲気でした

内装は赤と茶ですっきりとさせた空間。入ってすぐのところにカウンターと奥に焙煎機があり、中は10席ほどのテーブル席があります。

メインは豆販売でカフェはあくまで試飲する場、というスタンスで、徹底した空間の管理を行っています。全席禁煙に加え、外でのタバコ休憩も入店不可としてしまう心意気は、コーヒーの香りを重視する姿勢あればこそ。個人的にはこれだけでも賛辞を送りたいです。ミルク、ストローは付けないとか、今まで数々訪れた店の中でも、そのこだわり度は随一。

メニューもスペシャルティのストレート珈琲で固められ、基本はフレンチプレス。ハリオV60でも抽出してくれるようですが、やや割高となります。ストレート珈琲は”本日のコーヒー”550円から。値段は決して安くありません。

ブルンジとタルトのセット

ブルンジとタルトのセット

今回はあまりよそでは見たことのない「ブルンジ・キレマ」を選択。フレンチプレスらしく、油脂分が浮いています。一口飲むと甘みが広がり、豊かなコクを感じることが出来ます。少し遅れてわずかな酸味がやってきますが、非常に上品な酸味。豆のクオリティ以上に、店主のこだわりと正確な抽出があってか、至高の一杯だと感じられました。

豆を100g購入しました

豆を100g購入しました

あまりに美味かったので、帰りにブルンジを100g購入。これまた安くはない値段でしたが、それだけに工夫を凝らし、熱意を傾けている、ということの表れでもあると思います。

店の詳細

近畿圏の珈琲屋の中でも、トップクラスの味を誇る一店。ともすれば酸っぱくなるだけの浅煎りコーヒーを、完璧に飲ませることのできる数少ない店のひとつで、珈琲好きならば一度行く価値は確実にあると断言できます。

 

自家焙煎コーヒー くまきち

カフェ:○
豆販売:○

営業時間:12:00~19:00
定休日:日・月(月曜祝日の場合火曜日)

http://kumakichicoffee.wix.com/kumakichicoffee


2 thoughts on “【コーヒー屋探訪】大阪・谷町六丁目「自家焙煎コーヒーくまきち」

  1. くまきちコーヒー

    ご紹介、またお褒めいただき、
    ありがとうございます。

  2. まーかー Post author

    貴店のコーヒーは今までの中でも最高の一つでした。これからも期待していますので、がんばってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です