Billy Joel「Just The Way You Are(素顔のままで)」サックスソロをギターで弾いてみる

By | 2018年4月1日

ビリー・ジョエルの曲の中でも一、二を争う人気曲「Just The Way You Are」。「素顔のままで」という邦題を付けられたこの曲はお洒落でカッコいいサックスが全面的にフィーチュアされています。情感たっぷりに歌いあげられた16小節のソロは、ベストオブサックスソロに挙げる人も多いんではないでしょうか。

今回のギターで弾いてみるシリーズはこのソロを扱います。下は僕が弾いた動画。スロー再生で譜面まで付いてる親切仕様。この記事いらんやん…というツッコミはなしで。

 

冒頭部

ソロ本編に入る前の冒頭部分

エレピのイントロフレーズに乗っかってくるサックス。基本的にはDのコードトーンで、4小節目はDからGへのコードトーンへ移行して上昇しています。ギターで弾くと1弦上に1音ずつ並ぶのでかなり難しいですが、僕は3弦に移る際に中指に変えることで対処しています。

 

ソロ前半

上段は何てことのないフレーズですが、サックスならではの歌うような緩急や強弱をあるていど再現したいところです。ギターではなかなか追いつけないのが正直なところですが…。

下段はG→Gm→Dのコードに合わせたコードトーンのフレーズ。G、Gmの部分は最後の一音で3度を入れて違いを演出しています。この3度の音はかなり弱く吹かれており、耳を凝らして聴かないと聞こえないぐらいですが、それがまた良いですね。ここはリズム的にもうまくポリリズミックに演出されており、ソロ中でも印象的です。下段最後の4弦から1弦への跳躍はギターでは絶対思いつきませんね。

 

ソロ後半

こちらも上段はコードトーン。1度からのスタートでわかりやすい運指です。上段から下段に掛けての2拍3連はソロを締めるための重要なパーツ。

下段冒頭のチョーキングはややスローにやると原曲っぽくなります。最後にかけてはスライドを多用することで、サックスのなめらかなレガートを再現しようと試みています。

 

まとめ

サックスのソロなので、ギターには考えつきにくそうな音の跳躍があったり、難しい運指があったりと、採譜やポジションを考えるのも色々と面白い作業でした。出来るだけうまくレガートを使うことで、それらしい雰囲気を目指しています。

ところでこれ、出来があまりに良すぎますし、多分書きソロでしょうね。アドリブでこれをやってたら凄すぎますが…。

個人的に、ライブなどでもしっかりソロを書いて望みたいというか、作り上げたものを情感込めて弾く方が性に合っているんじゃないかと感じている今日この頃です。どうせ作るならこれぐらいの完成度のものを作ってみたいですが、ものすごいセンスと発想力が要りそうですね。


2 thoughts on “Billy Joel「Just The Way You Are(素顔のままで)」サックスソロをギターで弾いてみる

  1. AKISSH

    ソロの分析コピー、いつも参考にさせて頂いてます。
    この曲のオリジナルバージョン、もう何百回も聞いているはずなのに、
    このサックスソロをコピーしたことありませんでした。
    一見シンプルな音使いなのに、素晴らしいソロですね。
    4小節目の入りのフレーズとか、さらりと入れられた3拍フレーズとか、
    確かに100%書き譜ですね。
    私も歌伴で、密かに書き譜で決めたりするのは好きなので、
    こんなソロ考えられたら楽しいなと。
    思わぬ名ソロを紹介ありがとうございます。

    ところで、久しぶりにYouTubeでオリジナルバージョンを聞いたら、
    Billy Joelの声が、余りに若くつややかで驚いてしまいました。

  2. まーかー Post author

    このソロは数ある歌ものの間奏の中でも相当に印象的ですね。書きソロでもここまで見事な流れを作れるのは、ある意味での高度な作曲技術が必要に思えます。ビリー・ジョエルは今はしゃがれ声で唸るような歌い方になっていますからね。この頃の声は凄く美しいですけど、もう聴くことはできないんでしょうね。

    ギター以外のソロをギターで弾くというシリーズはしばらく続けようかと思ってるんですが、ネタが中々思いつきません…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です