ペンタトニックからドリアンをつくる


↑Aマイナー・ペンタトニック・スケール

さて、なぜここでペンタを出してきたかというと、ペンタに2音加えることでドリアンにしてしまおう、という発想があるからです。ロックギタリストにとってなじみ深いペンタトニックの音列を基本とすることで、ドリアンスケールのかんたんな理解や、効果的な利用ができます。

さて、前述のようにDドリアンスケールはCメジャースケールをDから始めるということ。

つまりAドリアンスケールはGメジャースケールをAから始めるのと同じなのです。6弦10fのルート音”D”を5fの”A”に移動して下の図を弾いてみてください。

さて、この時の音の配列はルート音であるAから順に

音名:A-B-C-D-E-F#-G (ラ-シ-ド-レ-ミ-ファ#-ソ)
度数:1st – 2nd(9th) – m3rd – 4th – 5th – M6th – m7th

となります。通常のAナチュラルマイナースケールが

音名:A-B-C-D-E-F-G (ラ-シ-ド-レ-ミ-ファ-ソ)
度数:1st – 2nd(9th) – m3rd – 4th – 5th – m6th – m7th

であることを考慮すると、その差はFの部分、つまり6thの音が半音上がっているというだけです。

ということは、ナチュラルマイナースケールとの唯一の相違点である、M6thの音を強調してやれば、容易にドリアンっぽい音列を作り出すことができる、ということです。逆にそこを弾かなければ普通のマイナースケールとは見分けがつかない、ということになります。

さてさて、そういわれても6度の音がどこにあるのか…、という話になってきます。上の”メジャースケール2音目に赤点が付いてる図”は確かにドリアンスケールそのものですが、アドリブするために見えにくいポジションでもあります。

そこで、ロックギタリストに超おなじみの「マイナー・ペンタトニック・スケール」に音を加えてドリアンスケールにしてしまおう、という考え方が出てきます。

マイナー・ペンタトニック・スケールに足りないものは?

既にご存じの通りの、マイナーペンタトニックスケールの構成音は
1st – m3rd – 4th – 5th – m7th
となります。ここで、上述のドリアンの構成音と見比べると、ペンタには2ndとM6thが足りないということがわかります。マイナーペンタに2ndとM6thを足してやれば完全にドリアンスケールとして使うことが出来ます。


↑Aドリアン・スケール

緑色が2nd、赤色がM6thに相当します。四角はルートのA音です。

実際これをひとつのスケールとして使うのも手なのですが、実際にはそうしてしまうと、普通のペンタトニックスケールに毛が生えたようなフレージングしか出来ない場合が多いです。まぁ、それはそれでDEEP PURPLE期のリッチー・ブラックモアみたいで、独特な感じが出るんですけど、もっといいのは、意図的にペンタのポジションを中心的に使い、場合に応じて巧く2ndとM6th(特に後者)の音を際だたせるように加えてやる、といったような工夫です。

最初は場所も見えずに繰り返しの苦労ですが、練習を続ければそのうちなんでもなくなってきます。

 

教室バナー
新大阪駅、西中島南方駅から徒歩圏内。僕の運営するギター教室です。
このような理論的内容は勿論、基礎からハイテクニック、実際のアドリブ等まで幅広く対応します。

 


One thought on “ペンタトニックからドリアンをつくる

  1. Lina

    “Deduzco que una de las razones de la sorpresa es que el mayor porcentaje de movilización de electores debió aportarlo un factor externo a la MUD y sus partidos: la cobertura multimediática, la mayoría de los medios estuvo involucrada como si fueran parte del pr#a&so,eo8221;Reclly?!? Cobertura Multimediatica? From whom? Certainly not VV and Televen. I guess he means Twitter, Facebook and BBM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です